MENU

サロンに業務用脱毛機を導入することで得られるメリットは?なぜ脱毛ビジネスは儲かる?

業務用脱毛機一覧

ルミクスツインフェニックスリープパワーライトエピアスルネッサンスGSDシナジーライト

失敗しない業務用脱毛機の選びかた記事一覧

業務用脱毛機を選ぶポイントはいくつかありますが、注目したいポイントのひとつが全身脱毛にかかる時間です。サロンでも人気のコースとして挙がりやすい「全身脱毛」。もちろん施術にかかる時間は長くなってしまいますが、それだけリターンの大きなメニューになるため、ここに力を入れるべきなのはサロン運営者ならよく分かっていることだと思います。業務用脱毛機はそれぞれ全身脱毛にかかる時間が随分と違っています。例えば「全...

「業務用脱毛機の導入を考えているけれど価格が高いからなかなか手が出せない」サロンを運営していて、費用などのやりくりに苦労していると業務用脱毛機は夢のまた夢に感じられる人もいるかもしれません。確かに、業務用脱毛機の価格は決して安いものではありません。安いものでも100万円以上しますし、高性能な物になってくれば500万円近い価格の物もあります。もちろん価格に応じてそれ相応のスペックや機能が搭載されてい...

「どれにすれば良いのか分からない!」「結局どれも同じなんでしょ?」業務用脱毛機を選ぶとき、こう考えたくなる気持ちはわからなくはありません。もちろん価格やランニングコストも大切ですが、判断材料のひとつとして脱毛方式をチェックすることを強くオススメします。例えば同じようなスペック…価格やランニングコスト、脱毛効果だったとしても脱毛方式が変われば内容に違いが出てくることもあります。照射のクールタイムだっ...

業務用脱毛機を選ぶときには安全性の高さに配慮する必要があります。例えば、エステ脱毛の最中に顧客にやけどを負わせてしまうと大きな問題になりかねません。医療費を負担しなくてはならなかったり、最悪の場合だと医師法違反に問われるリスクも!お客さんは「安全で当然」だと思っている!サロンを運営する方々からすれば業務用脱毛機の安全性を気にするべきです。「高い脱毛効果が欲しいなら、ちょっとくらいやけどするかもしれ...

業務用脱毛機に抵抗がある…。そんな理由のひとつに使うのが難しそうだから、という声が挙がっています。確かに、家庭向けのシンプルな脱毛マシンと比べるとできることが多い分、操作が複雑になりがちなのはある程度仕方の無い部分だと言えます。もちろんある程度使っていくうちに、自然と使い方が身についてくるものです。しかし、使い方を間違ってしまって、お客さんの肌トラブルを引き起こしてしまったり、脱毛効果が十分発揮さ...

「脱毛マシンは痛いもの」「でも痛くない脱毛マシンは出力が低いから脱毛効果が低い…」これが世間一般のイメージ、そしてサロンで働く人たちの気持ちではないでしょうか。確かに脱毛効果を高くするためには出力を上げて強くしなくてはなりません。しかしそれではお客さんは嫌がりますし、肌トラブルなどのリスクがあるためなかなか難しいですよね。しかし最近の業務用脱毛機は本当によくできていて、痛みが少ないのに脱毛効果が高...

業務用脱毛機のカタログを見ていると、冷却装置について記載されているところが必ずあると思います。この冷却装置を搭載しているか否かで業務用脱毛機の使い勝手は大きく変わってきます。冷却装置がどうして大切なのか冷却装置には大きく分けて2種類があります。肌を冷やすための冷却装置マシンそのものを冷やすための冷却装置肌を冷やすための冷却装置業務用脱毛機のほとんどは光と熱を使った脱毛方式を採用しています。しかしこ...

「業務用脱毛機を導入することがサロンにとって良いことは分かっているんだけど、安いものじゃないし壊れてしまうと困る!」サロンを経営している方からすると、業務用脱毛機を導入するか否かは大きな決断のひとつになってくると思います。安いものでも数百万円するわけですので「そうだ業務用脱毛機を導入しよう!」と気軽に購入できるものではないですね。だからこそメンテナンスサービスがあるかどうかをきちんと確認していくべ...

「業務用脱毛機を導入したところでどうせお客さんは増えないんでしょ?」「これからサロンを開業したいんだけど何から始めたらいいのかサッパリ分からない!」サロンを経営するのも楽ではないですよね。サロンを経営する上で重要視していることは人それぞれだと思います。お客さんに居心地の良い空間を提供したい、より満足してもらえるサービスを提供したい!もちろん利益は多ければ多いほどいい!何となく将来のビジョンは見えて...

「業務用脱毛機が欲しいけれど、値段が高いからなかなか…」本当によく分かる話です。特に個人経営や小規模系のサロンだとなおさらそう感じるかもしれませんね。せっかく高いお金を出して購入したのに、思っていたような脱毛効果が見られなかったり、火傷などの肌トラブルが頻発してしまったり…ではお話になりません。むしろ導入しなかった方がサロンにとってメリットになっていたかもしれない!と言うことにもなりかねませんよね...

「業務用脱毛機を導入したいけれど高いからなかなか…」「もしも壊れた時はどうしたらいいの?」高額な買い物になるからこそ不安も大きいのが業務用脱毛機ですよね。導入することでサロンに大きくプラスに働いてくれるのは間違いないのですが、万が一のことを考えるとなかなか踏み込めないのも事実だと思います。業務用脱毛機のほとんどは返金保証がついています。ただ、メーカーによって保証期間が随分と異なりますし、保証対象と...

「今使っている業務用脱毛機が古くなってきたから新しいものを導入したい」「これからサロンを開業しようと思っているけれど、使わなくなった業務用脱毛機はどうしたらいいの?」脱毛機は年々新しいバージョンの物が登場しているため、比較的買い代えサイクルは短い方だと思います。しかし決して安いものではありませんし、古い業務用脱毛機をどうしたらいいのか悩ましいところですよね。そこで最近では下取りサービスを提供してい...

「うちは脱毛サロンだけど他のエステメニューにもチャレンジしてみたい」サロンを運営していると色々と将来のビジョンが思い浮かぶものです。しかし本格的なハンドマッサージなどを導入するのはなかなか大変ですし「それ相応のスキルが身に付くまで提供できないのでは?」と不安に感じられることもあると思います。だからこそ業務用脱毛機を選んで欲しいのです。最近の業務用脱毛機は本当に色々なことができるようになっています。...

「サロンをもっと盛り上げるために業務用脱毛機を購入したい!スペックも申し分無いし、担当者さんからお話も聞いた。けれどなんだか足りない気がする…」それはもしかすると実際に購入した人や試してみた人の声ではないでしょうか。ある程度高価な物を購入するときには「他の人はどうなんだろう?」と口コミサイトをチェックしてみたりしますよね。もちろん業務用脱毛機にも全く同じことが言えます。誰がどんな風に使っているのか...

業務用脱毛機は商品によって照射面積が随分と異なります。そして広い方が有利に働くことが多いです。業務用脱毛機や家庭用脱毛機はやけどなどの肌トラブルが起こらない範囲の出力しか出ないように作られてます。もちろん使い方を誤ればそのリスクはありますが。なのでこれまでは照射面積を確保しつつ、しっかりと効果の出る脱毛機は技術的に難しい部分がありました。しかし今は違います。広範囲を一気に照射しつつ、きちんと脱毛効...

「サロンを運営しているのですが、万が一トラブルが起こったときにどうすれば良いのか不安です」脱毛マシンは熱を利用する仕組みになっているので、やけどを始めとした様々な肌トラブルのリスクと付き合っていかなくてはなりません。大手サロンはそれぞれが医療機関と提携することでこれを解決しているのですが、個人・小規模経営のサロンだと提携先を探すことも、実際に申し込むことも難しいのが現状ですよね。そこで選択肢のひと...

業務用脱毛機のサイトやカタログを見ていると臨床テスト結果が掲載されていることがあります。これをあまり重要視していない人もいるようですが、きちんと確認するに越したことはありません。臨床テストは「販売前、あるいは直後に実際に試してみたデータ」になります。つまり、業務用脱毛機を導入したときの結果を先に公開しているようなものです。臨床テストのどこをチェックする?臨床テストの結果が出ていても「ふーん。それで...

サロン経営のほとんどは女性をターゲットに展開していると思います。しかし潜在的な顧客獲得のことを考えるなら、女性だけに限定するのはもったいない!世の中には美しくなりたい男性や、子供にもサロンに通わせたいと考える親もたくさんいます。また、乾燥肌や敏感肌が理由でサロンに通えない人だって多いです。そこでできるだけ多くの方々に愛されるサロンを目指すためにも、業務用脱毛機選びは慎重に行うべきでしょう。どんな人...

業務用脱毛機はお客さんの肌やムダ毛の状態に合わせて出力レベルを調整しなくてはなりません。出力を高くしすぎると脱毛効果は得られるでしょうが、肌トラブルの原因になってしまいます。逆に低くしすぎると肌トラブルのリスクは下がりますが同時に脱毛効果も弱くなってしまいます。難しいところですが、ここがプロの腕の見せどころでもあります。なので、慣れている人、最高の施術を提供したいと考えている人ほど「出力を細かく調...