MENU

売上を高めるにはいかにしてランニングコストを抑えるかがキモ!

「サロンを運営しているけれど、なかなか売上が伸びない」
「フル稼働で予約もいっぱいなのにどうして利益がすくないの?」

 

よくある悩みですよね。サロン運営だけにかぎった話ではありませんがいかにしてランニングコストを抑えるかはとても重要なポイントとなります。

 

「ランニングコストを下げられるならとっくにやっていますよ!」という声が聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか?

 

業務用脱毛機を選んでコストを抑える!

今一度見直して欲しいのが設備です。もちろん決して安いものではないので、気軽に買い換えたり、導入できるものではないかもしれません。

 

しかし業務用脱毛機は日々進歩しているため、少し前の物と最新の物ではランニングコストに大きな違いが出てきます。

 

現在の新しいタイプの業務用脱毛機は1ショット0.1〜1円くらいが相場となっています。全身脱毛しても、2000円程度のコストしかかからない計算に!

 

これまでの脱毛機だとどうでしょうか。1ショット10〜30円くらいかかっていませんか?

 

人件費や回転率にも大幅な違いが!

ランニングコストだけで見てもメリットが大きいのに、他の部分でも利益に繋がるポイントがあります。

 

人件費

結局のところ、サロン運営で一番お金がかかるのは人件費ですよね。時給換算すれば800円〜1500円…といったところでしょうか。

 

業務用脱毛機を導入すれば、少ない手間で一気に脱毛できるようになります。つまり、そこまで人手がなくても十分対応できる。

 

結果、一番の出費となる人件費を大幅に削減できる可能性が高い、というわけですね。

 

「自分1人、あるいはスタッフと2人体制で頑張っているんです!」といった小規模な、隠れ家的なサロンを運営している人には当てはまらないかもしれませんが、それでも施術がグッと楽になるのは間違いありません。

 

回転率をあげて利益を確保!

「うちは小さなサロンだから、一度に施術できるのは1名までなんです」

 

そういったサロンこそ、回転率にこだわるべきではないでしょうか?

 

それぞれのサロンで状況は異なると思います。回転率が追いつかないせいで、予約はたくさん入るのに「1日5人までしか施術できないんですよ〜ごめんなさい」と断っていませんか?

 

業務用脱毛機は広範囲を短時間でパパッと施術できるように作られています。当然、1人あたりの時間を減らせるので回転率が大きく変わってきますよね。

 

「あのサロン、お客さんがたくさんいるけどいつでも予約が取れるのよ!」と口コミが出てきたら…しめしめ!ですね。

業務用脱毛機一覧

ルミクスツインフェニックスリープパワーライトエピアスルネッサンスGSDシナジーライト