脱毛方式について

発毛予防脱毛法とは痛みがなく、ムダ毛が生える原因に作用する脱毛方式

発毛予防脱毛の3つのメリット

従来の脱毛方式は今あるムダ毛にアプローチして毛乳頭を壊すことで脱毛を実現していました。

しかし発毛予防脱毛法は発毛因子にアプローチすることでムダ毛が生えること自体をブロックしようという方式になります。

なので正確には脱毛ではありません。

大まかな特徴は以下の通りです。

  • 痛み、肌トラブルのリスクが小さい
  • 産毛、白髪、金髪でもOK

それでは詳細な特徴を紹介していきます。

1. 痛みやトラブルとは無縁

脱毛で怖いのは痛み、そして肌トラブルです。従来の脱毛方式だと高熱を照射することで毛乳頭を破壊し、徐々に鈍化させていくスタイルでした。

しかし発毛予防脱毛法は36度前後の温かい光を照射することで、毛が生える前の「ムダ毛の種」となる因子を破壊します。

人肌程度の熱しか扱わないので、痛みや火傷などのトラブルが起こる方が珍しい…むしろ理論的には起こりえないことになります。

2. 毛質、肌の状態にとらわれない

高温が発生しないので、肌の状態が悪くても安心して使えます。肌トラブルの原因はほぼ高熱によるものだと考えて良いでしょう。

また従来の脱毛方式とは違って、ムダ毛のメラニンに作用する…というわけではありません。なので毛質にも左右される心配も不要です。

3. 美肌効果も期待できる

発毛予防脱毛の4つのデメリット

1. 今生えている毛には効かない

2. 効果を実感するまで時間が掛かる

発毛予防脱毛法の欠点とも言えるのが

「即効性の無さ」
「毛周期の影響を強く受けやすい」

ことです。

ムダ毛を生やす因子を壊すことで、ムダ毛が生えないようにすることを目指した脱毛方式になります。

つまり、今生えているムダ毛にアプローチするわけではない=即効性は期待できないということに。

3. 毛周期の影響を受ける

また毛周期の中でも休止期に施術することで効果を発揮するタイプになるため、毛周期の影響を大きく受けることになります。

以上のことからじっくりと腰を据えて取り組みたい脱毛方式だと言えそうですね。

4. 脱毛実績がない

-脱毛方式について

Copyright© 業務用脱毛機完全ガイド , 2018 All Rights Reserved.