MENU

業務用脱毛機が原因でやけどなどのトラブルが起こると大変!しっかり見極めていこう!

業務用脱毛機を選ぶときには安全性の高さに配慮する必要があります。

 

例えば、エステ脱毛の最中に顧客にやけどを負わせてしまうと大きな問題になりかねません。医療費を負担しなくてはならなかったり、最悪の場合だと医師法違反に問われるリスクも!

 

お客さんは「安全で当然」だと思っている!

サロンを運営する方々からすれば業務用脱毛機の安全性を気にするべきです。

 

「高い脱毛効果が欲しいなら、ちょっとくらいやけどするかもしれないよ!」

 

ではダメ。お客さんから見ればサロンの脱毛は安全で当然なんですから。

 

「そんなおおごとにはならないでしょう?」と油断しているなら、帯を締めなおす必要があると思います。

 

上記したように、医療費や損害賠償、違法行為だと言われても反論できないのが脱毛サロンの現状です。

 

それを考えれば、むしろ「効果よりも安全性の方が重要」とも言えます。

 

メーカーも頑張っている!

もちろん脱毛機メーカー側も安全性にはかなり力を入れています。例えば、出力の上限を設けたり、冷却機能を搭載したり、独自の技術で肌に負担をかけない工夫を取り入れたり…。

 

実際に体験してみるのが一番良いのですが、なかなかそれも難しいところ。もしも時間の都合がつき、気になっている業務用脱毛機があるなら自分自身で安全性を確認してみるのはとても良い方法だと思います。

 

業務用脱毛機のスペック表だけでは本当の安全性を確認するのは難しいこともありますよね。そして多くのメーカーは確認に対応してくれるので、気軽に相談してみると良いですね。

 

安全性にこだわるならサポートにもこだわろう!

言うまでもなく、正しい使い方ができていなければ、どれだけ業務用脱毛機の安全性が高いものでもトラブルが起こる可能性が出てきてしまいます。

 

使い方の指導や手引きがしっかりとしているメーカーを選ぶのも、不要な事故を減らすポイント、総合的な安全性として考えるのも大事な物の見方だと思います。

業務用脱毛機一覧

ルミクスツインフェニックスリープパワーライトエピアスルネッサンスGSDシナジーライト