MENU

業務用脱毛機は価格が高く、基本的には長く使うものだけれど元がなかなか取れないと赤字になってしまう可能性も

「業務用脱毛機の導入を考えているけれど価格が高いからなかなか手が出せない」

 

サロンを運営していて、費用などのやりくりに苦労していると業務用脱毛機は夢のまた夢に感じられる人もいるかもしれません。

 

確かに、業務用脱毛機の価格は決して安いものではありません。安いものでも100万円以上しますし、高性能な物になってくれば500万円近い価格の物もあります。

 

もちろん価格に応じてそれ相応のスペックや機能が搭載されているのですが、サロンを運営する上で、できるだけ早く元を取れる価格帯の物を選ぶ必要があるでしょう。

 

必要な機能を考えてみる

上記した通り、業務用脱毛機は色々な機能が搭載されているものほど価格が高い傾向にあります。

 

もしも少しでも価格を抑えたいと考えるのであれば、多少機能が少なくても安いものを選んだほうが良いかもしれません。

 

ランニングコストもあわせて考える

業務用脱毛機本体の価格でそれぞれの商品を比較することも大切なのですが、ランニングコストもあわせて考えるようにしたいところです。

 

例えば、本体自体はそこまで高くないけれど、脱毛施術に使う専用のジェルがなかなか良い値段だったりすると、長期的に見ると損してしまう可能性が出てきます。

 

メニューの拡充に使えるかを考える

業務用脱毛機はただ単純に脱毛ができるだけでなく、光フェイシャルやバストアップ、ニキビケアなどもできるものがたくさんあります。

 

これらの機能を最大限に活かして、エステメニューを増やすことで集客力アップ、利益アップに繋がると期待できるのなら、多少価格が高くても導入するべきかもしれません。

業務用脱毛機一覧

ルミクスツインフェニックスリープパワーライトエピアスルネッサンスGSDシナジーライト